ガーデン藍

地域で安心した生活をおくるために

お知らせ

ガーデン藍とは

世田谷区の若林を中心に知的障害の女性方が住む一軒家(Garden 藍Ⅰ)、知的障害男性方が住む一軒家(Garden 藍Ⅱ)、精神障害の方々が住むアパート(Garden 藍Ⅲ)で構成されています。
障害があってもコミュニティの一員として社会参加できるように、皆さんが安定、安心した生活の場を築けるように応援しています。

ガーデン藍Ⅰ・Ⅱ

Garden藍Ⅰ・Ⅱは滞在型で、現在8名の知的障害の方々が生活されています。
日中は近くの就労継続支援B型事業所などに通い、夕方帰ってきて、部屋でのんびりとくつろいだり、お風呂に入ったりして、みんなで夕食をわきあいあいと食べます。
そしてレクリエーションでは、カラオケやお花見などに行き、みんなで楽しく共同生活を送る場所となっています。

Garden藍Ⅰ
定員:4名 主たる対象者:知的障害女性
Garden藍Ⅱ
定員:4名 主たる対象者:知的障害男性

ガーデン藍Ⅲ

Garden藍Ⅲは通過型で、現在6名の精神障害の方々が生活されています。
将来の一人暮らしに向けて、個々にアパートタイプの部屋で自活しています。
近くに職員のいる事務所兼共有スペースがあるので、そこでいろいろな生活の相談や悩みを世話人と一緒に考え、概ね2年間で単身生活に移行します。

Garden藍Ⅲ
定員:6名 主たる対象者:精神障害者

ご利用の条件

原則、つぎの条件を満たす方になります。

<精神障害をお持ちの方>

Garden藍Ⅲ 利用要項

  1. 都内在住であること(世田谷区在住の方を優先させていただく場合があります)
  2. 精神科への通院治療を続けていること
  3. 地区担当の保健師、相談支援事業所・通所事業所等の職員の紹介があること
  4. 一定程度の生活能力があること。
  5. 日中活動場所に通所しているまたは、通所予定であること(通勤・通学含む)。

利用手続きの流れ:

  1. 見学(見学希望される場合は保健師、障害福祉サービス事業所の職員、病院のケースワーカー等に同行していただく必要があります)
  2. 申し込み
  3. ショートステイ(1泊2日~)
  4. 入居審査会
  5. 入居

利用期間:原則3年(1年更新)

利用料:総合支援法の定めにより、利用料をいただく場合があります。

家賃:一般73,000円(国、都から家賃補助が出る場合があります)
生活保護受給者は、住宅扶助分をお支払いいただきます。

共益費:2,000円/月

修繕費積立金:1,000円/月

<知的障害をお持ちの方>

現在、空き室はございません。空き室がでましたらご案内させていただきます。

お問い合わせ

社会福祉法人 藍

東急世田谷線若林駅三軒茶屋方面出口 徒歩2分
東京都世田谷区若林5-2-9三喜ビル
定休 土・日・祝
TEL:03-3412-1366 FAX:03-3412-1364
E-Mail:info-kobo@aikobo.or.jp